サン工業株式会社

スタッフ紹介

サン工業では魅力あるスタッフが数多く働いています
やりがいをもって働くスタッフを部署ごとにご紹介いたします

榎堀 (開発営業部・品質保証部部長)

1. 経歴と仕事内容

 冬季長野オリンピック開催の1998年に入社しました。当時社内には、品質や技術開発不良対策、新規品の営業を行う部署が「技術課」という部署しかなく、半年間の現場研修終了後に、その部署に配属になりました。技術課で新規品の立ち上げをやる一方で、川上社長から「ISO9000を取得したいので、担当になってもらいたい」ということで、品質保証室というのを立ち上げました。現在は、技術課の担っていた役割を、それぞれ、開発課、品質保証課、営業課と名前を変えてより専門的な業務を行っています。私自身は、その後、営業推進室、製造課や生産管理課を渡り歩いて、現在は、営業、品証、開発を統括的にみていく立場で仕事をしています。
 めっきという仕事は、お客様のニーズに対して、できるだけ迅速に、正確に、丁寧に対応することが必要で、そのニーズ(めっきを依頼したい、新しいものを開発したい、めっきに関するトラブルを解消したい等)を満たすためには、品証は品証だけ、開発は開発だけの知識があれば良いというわけではなく、幅広く深い知識やホスピタリティーまで含めた技能を持つスタッフの養成が必要だと考えています。
 現在は、いままでに得た知識や技能を若い世代に伝えながら、これからのサン工業を支えていける社員の育成に努めるとともに、自分自身でも新しい技術開発を行いながら、より高度なお客様の要求に応えていきたいと考えています。

2. 仕事をする上で大切にしていること

お客様の課題を解決することでお客様の幸せと自分の成長につなげる

 めっきという仕事は、基本的には、お客様の製品を預かってそこに付加価値をつけてお返しする、というのが基本の流れです。付加価値(=ニーズ)というのは、いわゆる「めっき」だけではなく、コスト対応やサービスであったり、安心・安全、課題解決の提案であったりするわけなんですが、こういう付加価値をつけてお仕事ができると、お客様にもご満足いただき、会社もお客様も、ひいては自分も幸せになれるのではないかと考えています。
 ニーズはより高度化し多様化しており、自分自身も日々成長していかないと、時代にもお客様にも取り残されてしまいます。お客様のニーズに真摯に向き合い対応し続けることで、自分も成長し続けられるのではないかと考えています。

3. サン工業の雰囲気

フレンドシップの高い会社

 めっきというのは、自動化が進んでいるとは言え、他の基盤技術(プレスや切削など)に比べて人の関わる要素が高く、その分、現場内でのコミュニケーションも重要になってきます。
 サン工業は、そういう仕事内容ですし、特に若い社員も多いことから、社員同士の交流が多くフレンドシップが高いと思います。社員同士の飲み会や小旅行が活発ですし、私の所属している開発営業部では、仕事が終わった後、有志でラーメンを食べに行くこともよくあります。
 いまではサン工業も、社員数が200名に迫るまでになっていますが、こういう仲良く和気あいあい、という社風は大切にしていきたいですね。

4. プロフィール

奈良県天理市出身
信州大学理学部化学科を8年間かけて卒業
趣味はトランペット演奏とスキーですが、最近は、若い同僚に触発されてアニメや映画鑑賞、マラソンや登山などに費やす時間が多くなってきました。

石栗 (品質保証課課長)

1. 経歴と仕事内容

サン工業に入社し、以降は品質保証課一筋です。業務としては顧客からの苦情・クレームから社内の工程内不良に至るまで対応しています。又、分析機器を活用し、めっきの耐食性評価や表面分析等も日々行っております。

2. 仕事をする上で大切にしていること

信頼される人になる

お客様から仕事を頂く上で必要なのはQCDで差別化を図る必要がありますが、サン工業に仕事を出すと安心できる、サン工業に仕事を出したいと言っていただけるようなサービスもまた重要だと考えております。その為に下記点を日々実践していきます。
1、顧客とコミュニケーションを良く取り、依頼や相談に可能な限り対応していく。
2、問題発生時にはスピーディーに動き、顧客や社内の被害を最小限にとどめ信頼を得る。
3、不良を出して暗い雰囲気になるよりも、前向きに改善していく風土づくり。

3. サン工業の雰囲気

明るくアットホームな会社

社員は若く、大変元気の良い会社です。社員旅行や夏祭り、その他にも年間を通じて幾つもイベントがあり、交流を深めやすくなっています。社員数も増えてきていますが、これからも仲間意識を持ち全員で改善していければ良いと思います。

4. プロフィール

出身は北海道ですが、長野県へと移り住んできました。
休日は健康の為、ランニングやウォーキング、料理を始めたところで楽しく過ごしています。

三澤 (品質保証課リーダー)

1. 経歴と仕事内容

2010年入社、製造二課を3年間経験後、以降は品質保証課に在籍しております。
品質保証課では、品質に対するお客様対応、分析機器を使用した不具合分析及び薬品槽の濃度分析、塩水噴霧試験などの評価試験、サンデー及び毎朝朝礼時に啓蒙などの品質向上活動を行っております。

2. 仕事をする上で大切にしていること

品質基準の明確化

めっき処理の品質・精度は、どの製品も年々要求されるものが厳しくなっています。緻密で形状が複雑な物も多く、「品質基準」に関してはより慎重に行っています。試作を行いながら品質を詰め、お客様が自ら納得していただけるよう、品質を作り込んでいます。

3. サン工業の雰囲気

アットホームで馴染みやすい会社

サン工業は月に1回土曜日を使用して研修会を行っています。研修会では、各課から現状について発表があったり、講師を招いて英語やめっきの勉強会を通じて知識を高めています。この、研修会の参加率も高く社員一人一人が常に向上心をもって仕事をしていると感じています。
また、研修会以外でも社内の夏祭り、地元のお祭りに参加、宿泊付の忘年会、海外旅行にも行ける社員旅行といった様々なイベントがあります。年々他の企業ではこういったイベントが廃止になっていくのに対し、サン工業ではイベントを通じて社員同士の協調性が高まりアットホームで馴染みやすい雰囲気の会社になっていると私は思います。

4. プロフィール

趣味 カラオケ・ボーリング・バスケ・映画鑑賞・将棋。
最近は諏訪湖ハーフマラソンに初参加・完走しました。

唐木 (品質保証課リーダー)

1. 経歴と仕事内容

入社してから20193月までの9年間は現場作業の生産、生産計画、設備・人の管理、製造課として主に製造現場に携わっていました。現在はスタッフ側で品質保証課の一員として未然防止、不良対策、お客様との折衝を行っています。現場で起こりそうな問題もしくは現在現場で起こっている問題に対してデータ取りを行います。このデータを基に問題解決を行ったり、SEMGDOES等の装置を用いての装置分析も行っています。また社内の問題だけではなく、他社製品で問題が起きた場合のお客様からの分析依頼等も行っています。

2. 仕事をする上で大切にしていること

気付く力と情報の共有化

仕事をする上で一番に考えることはお客様に良い品質の製品を納入することです。しかし、品質・設備の異常に気が付かなければお客様に迷惑をかけてしまいます。現場の見回りなどいつもと違うとこはないか、ここは異常だと言える・分かるように気付ける力、気付く力を養うことがとても大切だと思っています。しかし、ここで気付いた情報を自分の中だけに置いておくと、他の人は知らないままです。この情報を現場の作業者と共有化することによって初めて強固な現場が作れると思います。

3. サン工業の雰囲気

アットホームな会社

幅広い年齢層の方たちが働いている職場です。また毎年新入社員が入ってくるので平均年齢も若いです。しかし、年齢の壁というものを極端に感じることもなく、若い社員が自分の意見を言えたり、会社行事も多く、上下の関係が良い会社だと思います。また、自分だけではなく、外部の人が会社に訪れた時の挨拶や受け答えが良く、また行きたいなと思わせてくれる心地良い会社だと思っています。

4. プロフィール

1988年生まれ 伊那市出身 東海大学理学部化学科卒
趣味は、小学校のころから続けているバスケットボール・スノーボード・旅行など
食べることが好きなので休日は美味しそうなメニューを見つけて食べに出掛けます。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

フォームからのお問い合わせ
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173