サン工業株式会社

スタッフ紹介

サン工業では魅力あるスタッフが数多く働いています
やりがいをもって働くスタッフを部署ごとにご紹介いたします

榎堀 (開発営業部・品質保証部部長)

1. 経歴と仕事内容

冬季長野オリンピック開催の1998年に入社しました。当時社内には、品質や技術開発不良対策、新規品の営業を行う部署が「技術課」という部署しかなく、半年間の現場研修終了後に、その部署に配属になりました。技術課で新規品の立ち上げをやる一方で、川上社長から「ISO9000を取得したいので、担当になってもらいたい」ということで、品質保証室というのを立ち上げました。現在は、技術課の担っていた役割を、それぞれ、開発課、品質保証課、営業課と名前を変えてより専門的な業務を行っています。私自身は、その後、営業推進室、製造課や生産管理課を渡り歩いて、現在は、営業、品証、開発を統括的にみていく立場で仕事をしています。
めっきという仕事は、お客様のニーズに対して、できるだけ迅速に、正確に、丁寧に対応することが必要で、そのニーズ(めっきを依頼したい、新しいものを開発したい、めっきに関するトラブルを解消したい等)を満たすためには、品証は品証だけ、開発は開発だけの知識があれば良いというわけではなく、幅広く深い知識やホスピタリティーまで含めた技能を持つスタッフの養成が必要だと考えています。

現在は、いままでに得た知識や技能を若い世代に伝えながら、これからのサン工業を支えていける社員の育成に努めるとともに、自分自身でも新しい技術開発を行いながら、より高度なお客様の要求に応えていきたいと考えています。

2. 仕事をする上で大切にしていること

お客様の課題を解決することでお客様の幸せと自分の成長につなげる

めっきという仕事は、基本的には、お客様の製品を預かってそこに付加価値をつけてお返しする、というのが基本の流れです。付加価値(=ニーズ)というのは、いわゆる「めっき」だけではなく、コスト対応やサービスであったり、安心・安全、課題解決の提案であったりするわけなんですが、こういう付加価値をつけてお仕事ができると、お客様にもご満足いただき、会社もお客様も、ひいては自分も幸せになれるのではないかと考えています。
ニーズはより高度化し多様化しており、自分自身も日々成長していかないと、時代にもお客様にも取り残されてしまいます。お客様のニーズに真摯に向き合い対応し続けることで、自分も成長し続けられるのではないかと考えています。

3. サン工業の雰囲気

フレンドシップの高い会社

めっきというのは、自動化が進んでいるとは言え、他の基盤技術(プレスや切削など)に比べて人の関わる要素が高く、その分、現場内でのコミュニケーションも重要になってきます。
サン工業は、そういう仕事内容ですし、特に若い社員も多いことから、社員同士の交流が多くフレンドシップが高いと思います。社員同士の飲み会や小旅行が活発ですし、私の所属している開発営業部では、仕事が終わった後、有志でラーメンを食べに行くこともよくあります。
いまではサン工業も、社員数が200名に迫るまでになっていますが、こういう仲良く和気あいあい、という社風は大切にしていきたいですね。 

4. プロフィール

奈良県天理市出身
信州大学理学部化学科を8年間かけて卒業
趣味はトランペット演奏とスキーですが、最近は、若い同僚に触発されてアニメや映画鑑賞、マラソンや登山などに費やす時間が多くなってきました。

河合 (開発課課長)

1. 経歴と仕事内容

開発課課長の河合です。入社後製造部に3年間在籍し、以降開発課に所属しております。

開発課の主な仕事は、お客様の要求に対する試作対応、各部門と連携した量産の立ち上げ、課題を抱えているお客様の技術相談、新規表面処理技術の研究開発もそれぞれ行っています。また、他社と比べ、分析装置・解析装置が揃っています。ゆえに品質管理力や技術開発力が高いと思います。
例えば、めっきの不良案件でいえば「検証タイムロスの少なさ」「PDCAサイクル」などがワンストップで行えます。開発課は平均年齢20代の若い課ですが、みんなエネルギッシュです。優秀な後輩達のお陰で楽をさせていただいております(笑)。 若い人たちには、機会を与えていくとともに、社会人としてのステップアップを常に意識してチームをまとめています。

2. 仕事をする上で大切にしていること

人間力を高めていくことがカタチにつながる

いろんな人と話をする中で「人間力」を高めていけば、どんどん吸収して形になると思っています。上司や部下、業界の人だけでなく、縁があってお会いさせていただく人から色々なことを吸収し自分の糧にしていきたいと考えています。
また、部門がらかもしれませんが、失敗しても引きずらないように心がけ、失敗から反省はもちろんですが、次へのステップと考えるようにしています。

3. サン工業の雰囲気

エネルギッシュで明るい会社!

当課もそうですが、若い人が多い会社です。皆明るく、エネルギッシュで、仕事もプライベートも情熱を感じます。また、真面目な人が多いもの当社の特徴だと思います。まれに私のように変わった人間もいますが・・・。

4. プロフィール

愛知県長久手市出身。信州大学大学院工学系研究科物質工学専攻。
今の趣味・休日の過ごし方は、買い物や子どもと遊ぶこと・料理・写真。

市河 (開発課リーダー)

1. 経歴と仕事内容

開発課へ配属されて8年経ちます。
開発課ではお客様からの試作依頼(こんなめっきできませんかなどなど・・)、試作量産、弊社独自の表面処理技術の開発というのが仕事内容の主軸になっています。

2. 仕事をする上で大切にしていること

何事にもトライ

私が仕事の上で「何事も臆せずに行動し、トライをすること」が大切だなと感じています。これから、表面処理に対する要求事項は増えてくると思います。お客様のご要望に応えられるように常に新しいものを模索しトライしていきたいと思っています。

3. サン工業の雰囲気

アットホームな会社

若手が多くて活気のある会社だと思います。
イベント事なども多く、社員同士和気あいあいとした雰囲気があります。

4. プロフィール

趣味は車のカスタム。
最近は同期とキャンプを始めました。

中田 (開発課リーダー)

1. 経歴と仕事内容

入社後1年間の製造部研修を経て、品質保証部で品質保証及び品質管理の業務を5年間遂行し、以降は開発課に所属しています。
開発課として、これまで培ってきた統計的手法や解析技術・知識、交渉力を活かして、主に表面処理技術・製品の開発に取り組んでいます。

2. 仕事をする上で大切にしていること

求めるモノを形に

技術開発や製品開発は、求められているもの(ニーズ)ではなく、新しい価値・技術の提供(シーズ)に偏りがちです。企業として世の中に貢献するために、独善的な開発ではなく、消費者が必要とするものを大切にして、開発に取り組むよう心がけています。
また、情報やアイディアは自分ひとりで得られるものに限りがありますので、人との縁を大切にし、すべての人が自身に無いものを教えて下さる先生と思い日々の業務に当たっています。

3. サン工業の雰囲気

思いを後押ししてくれる会社

自分のやりたい事や成長を後押しして、のびのびと育てて下さる会社です。
中小企業ではありますが、だからこそ自分のアイディアや成長が会社の成長に大きく影響をしますので、人生の大半を共にする仕事である以上仕事を楽しみたい、学びたい、成長したいと思う方にはおすすめです!

4. プロフィール

静岡県静岡市清水区出身
信州大学物質工学科卒業後、サン工業に就職しました。
趣味は読書とドライブです。寺社仏閣巡りや、桜・紅葉をはじめとした信州の雄大な景観を楽しんでいます。最近はこれまでの人生で触れた事のなかった楽器(エレキベース)をはじめ、自分の不器用さに頭を抱えながらも音楽に励んでいます。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

サンプルめっきのご相談 不良解析・表面分析のご相談 表面処理に関するお問い合わせ 量産についてのご相談
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173